前へ
次へ

自己破産で車はどうなる、車の保持する岐路

一般的な考え方としては、車も資産であるため、自己破産すれば没収されます。
ただし、所有者と使用者が違えば、裁判所の判断によって没収されない場合もあります。
自己破産された方の車にローンが残っている場合は、没収は免れますが、ローンの返済金が値上がりされます。
自己破産すれば、返済ができなくなる場合もあるため、保証人に請求が行く事となるでしょう。
車を没収する目的は、現金化して債権者に分配するためです。
そのため、市場価格において、20万円以下であれば、没収はされません。
車がないと不便な場合は、親族に、車を買い取ってもらう方法があります。
親族が支払った金額は、債権者に分配する形になります。
ただし、極端に安く買い取ってもらう考え方もあるでしょう。
これは、所得隠しにあたる可能性もあり、査定した金額で買い取ってもらうのも大切です。
家族などの介護などを理由に、車が必要な場合は、裁判所の判断によって自己破産により車を残してもらえる可能性もあります。

Page Top