前へ
次へ

知っておくと助かる自己破産の知識

自己破産の正式名称は破産手続開始事件と言います。
裁判所が返済不能になる程の沢山の借金を確認して破産状態と認め、免責として無財産なので支払いを免除すると言う制度です。
自己破産と認められる返済不能な借金の金額は個人や法人それぞれで違います。
自己破産は法律で認められている制度で、人生を1からやり直すためにそれまでの借金が帳消しになります。
この制度で免責決定が貰えた場合は、過去の自分の行いを裁判所が正しく裁き社会的にも認められたことになります。
破産申立をしたときに総額99万円以下の、自己財産しか無い人は同時廃止事件として扱われます。
ただし破産理由に問題が無い人に限ります。
また法人や事業者、免責不許可事由に該当する人は管財事件として扱われます。
弁護士が破産者の財産を処分する破産管財人になります。
財産を処分して現金化して行く破産財団の形成と言う作業を行います。
どちらの事件扱いになるのかは申立前でも大方決まっています。
自分から同時廃止事件に申立を行っても、管財事件扱いになることもあります。

Page Top