前へ
次へ

FXで損をしたときに自己破産は可能か

投資の中で人気があるのがFXで、証拠金を利用することで実際の資産の何倍もの投資をしたのと同じ投資効果

more

引越しは自己破産手続きが終われば自由にできる

生まれた土地で一生過ごす人もいれば、進学や就職に結婚など様々な理由で違う土地に住むこともあります。

more

上手に自己破産出来るように自分を導く

しっかりとした自己破産を求めるなら、上手にできるように自分自身をきちんと導くことが重要となってきます

more

債務整理をすると口座は使えなくなるのか

債務整理を検討している方は、しばしば銀行口座に関する不安感を抱えています。
整理の手続きを行いますと、銀行口座が凍結されるからです。
確かに整理手続きを行えば、借金に関わっている銀行口座は凍結されます。
凍結状態になった時には、自由に引き出しできない状態になってしまう訳です。
お金を引き出すのが困難になると、生活に支障が生じてしまう可能性があるでしょう。
多くの方々は、それを心配している訳です。
しかし整理の手続きを行ったからと言って、あらゆる銀行口座が凍結される訳ではありません。
債務整理に関わっている銀行の口座に限定されますから、その点は心配ありません。
そもそも人によっては、複数の銀行口座を保有していることがあります。
その全ての銀行口座が借金に関わっているとは限りません。
例えば銀行AとBとCの口座を保有していて、AとBは借金に紐づいているとします。
その場合、確かに整理手続きを行った時には、しばらくの間は凍結状態になってしまいます。
しかしCという銀行の場合は、特に問題ありません。
Cという口座は借金と無縁なのであれば、口座凍結される事はありません。
全ての口座に影響が及ぶ訳ではないので、その点は安心です。
また口座が凍結されるといっても、ずっと続く訳ではありません。
基本的には2ヶ月程度に限定される傾向があります。
状況によっては少し長引く可能性はありますが、それでも半年ほど口座が凍結される訳ではありません。
ある程度は手続きが進めば、問題なく口座を使える状態になります。
一番のポイントは、銀行口座からお金を引き出せなくなる事です。
お金の引き出しが不能になりますと、生活に大きな支障が生じてしまいます。
それを防ぐためにも、まずは銀行口座から全てのお金を出しておく方が無難です。
お金さえ引き出しておけば、生活に対する影響も小さくなるからです。
その辺りが不安な時は、遠慮なく弁護士に相談してみると良いでしょう。
弁護士は、その辺りのアドバイスを行ってくれるからです。

実家が傾いていると思ったらご相談ください
傾き工事を専門としている業者です

宅配クリーニング 大阪
気軽に利用できるので、日々の洗濯物を依頼することも可能なので今まで家事に割いていた時間を自由に使えます。

宅配クリーニング 東京

フローリングコーティング

Page Top